プロフィール
 

どんたろう

Author:どんたろう
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
 
カテゴリー
 
ブロとも申請フォーム
 
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 

 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2007年12月31日(月)
おばちゃん。

 
おばちゃんが死んだ。

記憶にあるのは幼稚園の頃、でももっと前の僕の事を知っていて、世話してくれた近所の菓子やのおばちゃんが火事で死んだ。

昨晩。

僕は歳末特別警戒で消防団のポンプ車を運転していた、無線が入る、知っている住所のおばちゃんの商店名を言った。

直ぐ様、緊急車両に切り替え現場に向かう。

建物二階から火と煙があがっている。

おばちゃんは二階で寝ている。

懸命の消火活動をした。

死んだ。享年80歳。

昨日だって昼間ジュースを買いにおばちゃんの自動販売機に行ったとき、会って話したんだ、1000円札が使えなかったから、両替をしてくれよって、言ったら、『かず君のは偽札だから、替えてやんないわよ!年内の仕事は終わったのかい?』

なんて、いつも通り、あのばばぁならではのジョークを言ってやがったんだよ。

そんなおばちゃんが消火活動をした現場で死んだ。

顔を合わせりゃ話や挨拶をしていたし、今でもたまに仕事が終わった後、店に行ってはいつもの椅子に座って駄菓子を食べてながら話をしていた。
12月になってからだって、3回は店ん中で、たむろしていた。

店に入ると『あらっ、いらっしゃい』僕は『ばばぁの一人暮らしだから死んでねーか見に来てんだよ』が、お約束の挨拶。
『あんたが、結婚して子供を連れて来るまで死ねないよ』僕との会話の中で必ず言う一言。

『あんたのおばあちゃんの元気なところは、尊敬をするし、見習いたいね~』

『あんたが幼稚園の運動会の時のおばあちゃんの笑ってる顔をあたしゃ今でもはっきり憶えているよ、すごく嬉しそうにしてね~』

『あんたは昔はよく、店の奥で隠れて、お菓子を食べながらマンガを読んでたね~』

この前だって、うまい棒を三本食べたから30円払おうとしたら、『あんたから金なんかもらえないよ、それよりこっちの味は新しいから食べてごらん』

僕は時としておばちゃんをばばぁと呼ぶ。

おばちゃんは時としてかず君をあんたと呼ぶ。

傍から聞けば、言葉の悪い会話をする僕ら。

でも愛があった。

僕はおばちゃんを愛していた。

おばちゃんも僕を愛していてくれた。

愛する人をあのような形で失う悲しさ、やるせなさ、自責。

『一人暮らしなんだから、火の元を注意しなよ』

消防団なんだからその一言くらい言っていれば・・・。

この事を書くかどうか、迷ったが、書くことに決めたのは、メッセージ。

今まで僕はこのブログで誰かに対してメッセージなど誰かに対して何かを訴えかけた事はない。

少なからず誰かが読んでいる事は知っている、でもメッセージや問い掛けはしていない。

後から読んで自分自身でも照れ臭い言葉や色々と思うことはあるけれど、その時に思ったことを、人が何と思おうと、自分を綴ってきた。

ただ今回はメッセージ。

火の元には十分注意をして下さい。

火事に限らず事故や未然に防げるような災難に対し、少しでも気を使って予防をして下さい。

大切なものを守るために。

今、ばあちゃんが部屋に入ってきて、言った。

『さっき近所のおばさんが言ってたよ、おばちゃんはかず君が今でもちょくちょく遊びに来てくれて、嬉しいって、よく言ってたって』

また涙が止まらない。

もう、あの店に行ってもおばちゃんがいないと思うと、不思議な感じがする、当たり前だと思わないくらい、おばちゃんはそこにいたから。

あの店はおばちゃんの店だ。

『ばばぁ、長い間ありがとう!もう賞味期限切れのうまい棒を食えないと思うと淋しいな。ゆっくり休んで下さい。ばばぁ本当にありがとう!ありがとう!ありがとうございました!』
スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

そのメッセージしかと受け取りました。

知らない駄菓子屋のおばあちゃんだけど、心からご冥福をお祈りいたします。 いつか君に子供ができたらおばあちゃんの墓参りに連れていってあげて下さい。

2008/01/01(Tue) | 永父。 | URL | Edit
 

はい。

もし僕にその時が来るなら、おばちゃんに会いに行きます。
お通夜に参列をしました。
沢山の弔問客で、とても良いお通夜でした。

お店にいる時の洋服を着た良い写真だった。 


2008/01/10(Thu) | どんたろう~永父へ | URL | Edit
 

はい。

もし僕にその時が来るなら、おばちゃんに会いに行きます。
お通夜に参列をしました。
沢山の弔問客で、とても良いお通夜でした。

お店にいる時の洋服を着た良い写真だった。 


2008/01/10(Thu) | どんたろう~永父へ | URL | Edit
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。